QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

「まっすぐに当ててはいけない。当てたときに拳を押し下げる。また、当てる場所によっては押し上げる。つまり、当てたときにえぐる感じだ。それが筋骨のかかったティージクンだ」
もっと引用を見る

武士猿 (集英社文庫)

人間は行動しながら不安には襲われないものです。行動を止めた時にそれは襲ってくる。  頭であれこれ考えないで、身体を使って立ち向かうことです。
もっと引用を見る

寂しさや不安を癒す 人生のくすり箱 (中経出版)

世の中はグローバリゼーションやIT革命など、激変の様相を見せていますが、こういう時ほど個々人にとって大事なのは、「自分は何をしていたら楽しいのか」という自分目線の価値観です。
もっと引用を見る

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)

愛とは「根拠のない信頼」のこと。  ちなみに、恋とは「理由のない信仰」のこと。
もっと引用を見る

悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜

転んでも 「七転び八起き」ということわざがある。何度失敗しても、これに屈せずふるい立つ姿をいったものである。  人生は長い。世の中はひろい。だから失敗もする。悲観もする。そんなとき、このことわざはありがたい。  だが、七度転んでも八度目に起きればよい、などと呑気に考えるならば、これはいささか愚である。  一度転んで気がつかなければ、七度転んでも同じこと。一度で気のつく人間になりたい。  そのためには「転んでもただ起きぬ」心がまえが大切。このことわざは、意地きたないことの代名詞のように使われているが、先哲諸聖の中で、転んでそこに悟りをひらいた人は数多くある。  転んでもただ起きなかったのである。意地きたないのではない。真剣だったのである。  失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたほうがいい。真剣ならば、たとえ失敗しても、ただは起きぬだけの充分な心がまえができてくる。  おたがいに「転んでもただ起きぬ」よう真剣になりたいものである
よく泣く子もいます。こだわりの強い子もいます。おむつのはずれない子もいます。でも、それは、その時期大変だというだけのことです。そういう子なんだと、それ以上の意味をそこに見いだす必要などありません。
もっと引用を見る

「育てにくい子」と感じたときに読む本

「美しい日本語」とは何でしょうか?  第一条件は、正しい日本語であること。  でも、これだけでは日本語の秘められた威力を自分のものにして、十分に発揮しているとは言い切れません。  第二条件は、感性を表現した日本語であること。  ありふれた言葉ではなく、自分なりの表現をするということです
アイデアを考えるときは「数多く出す」ことが大切です。  仮にそれが、くだらないものであったとしてもです。
「自分の時間」を生きるのか、それとも「他人の時間」を生かされるのか、を常に意識化しておく必要がある。
もっと引用を見る

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

組織にいる以上、自分が進めている仕事をさらに先に進めるには上司の承認が必要です。  成果の上がる人は、この「上司の承認を取る行動」や「コミュニケーションの取り方」がうまい傾向があります。
もっと引用を見る

同じ条件、同じ時間で10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人

食事の時間だから食べるのではなく、腹が空ったから食べるのでなければ、美味しくはない。
だってそやろ? 自分らは、お金も、名声も、地位も、名誉も、自分で手に入れる思てるかも分からんけど、ちゃうで。むしろ逆やで。お金は他人がお前にくれるもんやろ。名声は、他人がお前を認めたからくれるもんやろ。全部、他人がお前に与えてくれるもんなんや
なかでも一世を風靡したのが、怪盗ロワイヤルである。  自分が怪盗となって仲間を助けたり、助けられたりしながらお宝を集めていく怪盗ロワイヤルは、とにかく面白いゲームだった。2009年10月のサービス開始以来、わずか1カ月でユーザー数は100万人に達し、その勢いを保ったまま4カ月目には500万人を突破、2011年5月には1000万人を達成。売上高は月間数十億円というお化け事業となった。  このゲームをつくったのが、大塚剛司という新卒5年目の若者だった。  大塚は入社後、営業企画部門の配属となり、営業の事務処理を大幅に効率化したり新しい営業作戦を考案したりと成果を出し、この1年生はすごい!とあちこちで評判になった。
たとえば、パソコンの調子が悪いときには、パソコン操作に自信のある人に助力を頼む。英語の文書に理解できない部分があれば、英語力を自負している人に翻訳を依頼する。ほとんどの場合、「この人は、私のことをわかってくれている」と、あなたへの好感度を上げてくれるでしょう。
第一ステージで活用されてきたモチベーションは「3G」。  それは、「義務」「犠牲」「我慢」の三つだ。  それが第二ステージに入ると、それは「LTE」に切り替わる。  これは「LOVE(愛)」「THANKS(感謝)」「ENJOY(楽しむ・味わう)」の三つ。  通信業界だけではなく、精神世界においても、「時代は、3GからLTE」へ移行していく。
もっと引用を見る

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

「お金で買える喜びはすべて──素敵な服も、おいしい食べ物も、優雅な部屋も、豪華な旅行も──他人が作ったものです。でも、どんなにつらい状況でも、それを楽しもうとする気持ちさえあれば、人は、自らの手で喜びを作り出すことができます。お金がなくても、人は幸せになることができるんです」
もっと引用を見る

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

エッセイの手ほどきをしていて、気がつくことがあります。みなさん、 「自分の書いた文章は、だれもが最後まで読んでくれるもの」  と思い込んでいることです。
もっと引用を見る

「もっと読みたい」と思わせる文章を書く

いきなりの意識改革は難しいということ。  そもそも、ビジネスモデルが世の中のニーズと合わなくなっているから業績が悪化しているのであり、社員の意識だけを変えようとしても根本的な解決にはなりません。  ビジネスモデルを見直して、それから仕組みをつくっていく。  その仕組みに納得して、実行するうちに、人の意識は自動的に変わっていくものなのです。  この順番が間違っていると、せっかくの改革もムダに終わってしまいます。本質的な部分から着手しないと、抜本的な改革は実現できないのです。
もっと引用を見る

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい (角川書店単行本)

人は、褒められた記憶より叱られた記憶が強く残る。だから、4つ褒めたら1つ叱るくらいで、やっとバランスがとれる。「
もし、自分の意見を一方的に伝えているように感じるのなら、 「僕はこういう考えなんだけど」 「ほかにもやり方はあるだろうけど」  などと前置きすれば、部下の選択に幅が生まれるだろう。
Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク