QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

机やカバンの中身が機能的に整理されているということは、優秀な管理者を上司に持っていることと同じだと考えて下さい。

脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める 生活人新書

築山 節

Quotes List

脳は基本的に怠け者であり、楽をしたがるようにできています。

生活のリズムを失うことは「ボケの入り口」と言っても過言ではないかも知れません。

前頭葉が指令を出し続けられなくなったとき、次に人間を動かすのは感情系の要求です。つまり、面倒なことはしたくない、楽をしたい、人任せにしたいという、脳のより原始的な欲求に従って動いてしまう。

夜は情報を蓄える時間に向いている。考えを大ざっぱにまとめ、早く寝よう

布団に入ったら、足の指から順に、足→腰→背中→手の指→腕→肩→首と意識して力を抜いていきましょう。

意志的にできるのは、時間と距離(仕事の量)の関係をはっきり認識すること

「机やカバンの中身が機能的に整理されているということは、優秀な管理者を上司に持っていることと同じだと考えて下さい。

布団に入ったら、足の指から順に、足腰背中手の指腕肩首と意識して力を抜いていきましょう。

使える記憶を増やすためには、そういう指示をされていなくても、いつか出力することを前提として、意識的に情報を取ろうとしていることが大切なのです。

問題は、目を動かして立体的な情報をキャッチしているかということにあります。

毎日自分を小さく律することが、大きな困難にも負けない耐性を育てる

他人の知識を自分のものにするには、書いたり話したりして、自分で出力する機会をつくる必要があります。

脳は無限に選択肢がある中から、有効な選択・判断をすることはできません。

何の役に立つのか」より「誰の役に立つのか」を重視して考える

ひらめき、創造力、クリエイティブな才能などと呼ばれるものは、脳の総合力だと思います。意識的に情報を取る力、記憶を引き出す力、思考を整理する力、情報を組み立てる力、組み立てたものを分かりやすく人に伝える力。それらがすべて一定のレベル以上に鍛えられていて、初めてクリエイティブな人間になれるものではないでしょうか。

人を好意的に評価する習慣を身につけるというのは、そのキャッチボールを自分から始める習慣を持つということです。

会話が上手くできないという症状は、遡っていくと、先ほどの概念化の能力か語彙力の問題のどちらかに行き着くわけです。

たとえ話の中には、脳の高度な働きがすべて含まれていて、私の外来での診察経験から言っても、たとえ話をよくする人は、何歳でも聡明で、「この人はボケにくいだろうな」と感じます。

少し早めに起きて、次のうちどれか二つを実行してみて下さい。特に午前中、脳の働きやすさがまるで違って感じられるはずです。 ・散歩などの軽い運動 ・部屋の片付け ・料理 ・ガーデニング ・挨拶+一言 ・音読(できれば一〇分以上)

そういう悪循環を続けた結果、最初は時差ボケ的な症状であったものが、本当に治りにくいボケ症状になっていくケースも十分に考えられます。 大事なことなので、あえて強い言い方をしますが、生活のリズムを失うことは「ボケの入り口」と言っても過言ではないかも知れません。

人間はどこかで、会社なり学校なり、自分以外の誰かに動かされている環境を持っていなければいけません。何も強制されていない環境に置かれると、人間はいつの間にか、脳のより原始的な機能である感情系の要求に従って動くようになってしまいます。その結果、生活リズムを失い、面倒なことを避けるようになり、感情系の快ばかり求める生活になる。脳は基本的に怠け者であり、楽をしたがるようにできています。

脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要です。距離と時間から速さを算出する式がありますが、それにたとえて言えば、距離は仕事の量や問題の量です。何時までにこれだけの仕事をしなければならない、何個の問題を解かなければならないという状況が与えられていないと、速さである脳の基本回転数は上がりません。

長い時間仕事をしていること自体に安心感を求めだすことです。そうすると、ダラダラと一日中仕事をするのをやめられなくなり、就寝時間が遅くなる。

●脳の活動を安定させるには、生活のリズムを安定させることが大切 ●そのためには、まず生活の原点をつくることが大切。朝一定の時間に起きよう ●脳にもウォーミングアップが必要。足・手・口を意識して動かそ

「何の役に立つのか」より「誰の役に立つのか」を重視して考える

ないからです。  人間はどこかで、会社なり学校なり、自分以外の誰かに動かされている環境を持っていなければいけません。何も強制されていない環境に置かれると、人間はいつの間にか、脳のより原始的な機能である感情系の要求に従って動くようになってしまいます。その結果、生活リズムを失い、面倒なことを避けるようになり、感情系の快ばかり求める生活になる。脳は基本的に怠け者であり、楽をしたがるようにできています。

少し早めに起きて、次のうちどれか二つを実行してみて下さい。特に午前中、脳の働きやすさがまるで違って感じられるはずです。  ・散歩などの軽い運動  ・部屋の片付け  ・料理  ・ガーデニング  ・挨拶+一言  ・音読(できれば一〇分以上)

足や手や口を動かす運動系の機能は、脳の表面中央付近に分布しています。その脳領域を十分に働かせるということは、そこに至る脳の血流を良くすることとイコールです。特に足を動かすための機能は、頭頂部に近いところにある脳領域が担っているので、よく歩いているうちに、血液が脳の高いところまで汲み上げられます。

人間の脳は機械じゃないですから、24時間同じ性能を発揮できるわけではありません。生体としての脳が活発に働きたい時間、休みたい時間という周期を繰り返しているものなんです。その周期と生活のリズムをなるべく一致させる努力をして下さい。時差ボケってあるじゃないですか。あれは脳の活動リズムと生活のリズムがずれて、脳が休みたい時間に仕事をしようとして頭が働かなかったり、脳が活発に動きたい時間に休もうとして眠れなくなったりしている状態なんです。生活のリズムを不安定にすると、日本にいながらそれと同じことを起こしてしまう。それを治すには、生活の原点をつくる以外にありません。朝七時なら七時と決めて、なるべく同じ時間に起きて下さい。ボケ症状のように見える人が、それだけで治っていくことも珍しくないんです

●脳の活動を安定させるには、生活のリズムを安定させることが大切  ●そのためには、まず生活の原点をつくることが大切。朝一定の時間に起きよう  ●脳にもウォーミングアップが必要。足・手・口を意識して動かそ

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク