QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

コンサルタントが本を読むときのポイント さて、実際に本を読み進める段階でのコツがいくつかあります。 ここでは、5つのポイントをあげてみたいと思います。 ① 本を全部読もうとしない。始めから読まない ② 必要な部分はゆっくりでもいいので考えながら読む ③ 事実、解釈、アクションを読み分ける ④ 読書のPDCAサイクルを回す ⑤ 読むことに集中できない要素は思い切って排除する

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

大石哲之

Quotes List

■読者サポートメルマガへのご登録おねがい 著者大石哲之の電子書籍をお読みいただけました方へ。読者の皆様に今後のサポートを提供させていただく仕組みをご用意いたしました。新フォーマットへの対応や、加筆・訂正などが有りました場合に、アップデートファイルを無料配布させていただいております。

立場も経験も知りたいことも興味も違う人が、薦める本をそのまま読むのは間違った読書法です。

問題意識がないと、本を読んでも勉強のための勉強に終わってしまう

同じテーマの本を複数買ってきて、集中して読み込む ↓ ④ 仮説検証型で読み進め、どんどん実践していく

大きなスキルを網羅的に学ぼうとするより、小さいスキルをひとつひとつ習得し、それを50個、100個、200個と積み上げていくうちに、実は大きなスキル全体を身につけているという結果になるのです。

「本を読む前に、まず考える。本からなにを成果として取り出すかを、走り出す前にまず考える」ということが重要なのです。

つまり、精度はそこそこでよいので、素早くやる、というのが、「Quick Dirty」の意味です。 これはコンサルタントが調査分析などをするときに使う言葉です。 普通、調査や分析というと、精度を重視して、細かいところまで数字を追い求めたものが良い調査だと言われています。つまり、Slow Beautyです。遅くてもよいので、キレイに、美しく、あらゆることを検討してから進めましょうというものです。 しかし、Slow Beautyは、ビジネスでは有害なこともあるのです。ビジネスの調査というのは、数字自体が合っているかどうかに意味があるのではなく、ビジネス上の意思決定ができればいいわけです。つまり、右に行くべきか左に行くべきが判断できる数字であればいい。 80%の精度の数字でも、右か左かの判断でいえば、確実に間違わないということであれば十分に役に立ちます。右か左かを判断するために、100%の完璧なデータをそろえる必要は、まったくありません。 読書でも、「Quick Dirty」の考え方が使えます。読書における「Quick Dirty」というのは、理解度のことを指します。 理解度が高くなくても(Dirty)でも、どんどん実践して先に進めていったほうが良いのです。

つまり、精度はそこそこでよいので、素早くやる、というのが、「Quick & Dirty」の意味です。 これはコンサルタントが調査分析などをするときに使う言葉です。 普通、調査や分析というと、精度を重視して、細かいところまで数字を追い求めたものが良い調査だと言われています。つまり、Slow & Beautyです。遅くてもよいので、キレイに、美しく、あらゆることを検討してから進めましょうというものです。 しかし、Slow & Beautyは、ビジネスでは有害なこともあるのです。ビジネスの調査というのは、数字自体が合っているかどうかに意味があるのではなく、ビジネス上の意思決定ができればいいわけです。つまり、右に行くべきか左に行くべきが判断できる数字であればいい。 80%の精度の数字でも、右か左かの判断でいえば、確実に間違わないということであれば十分に役に立ちます。右か左かを判断するために、100%の完璧なデータをそろえる必要は、まったくありません。 読書でも、「Quick & Dirty」の考え方が使えます。読書における「Quick & Dirty」というのは、理解度のことを指します。 理解度が高くなくても(Dirty)でも、どんどん実践して先に進めていったほうが良いのです。

成功本を読んで手に入れてほしいのは「成功のためのてっとり早い方法」ではなく、「成功するにはこれらの知識・スキルセットが必要だ」というAs is To beのギャップに関する認識で、それを元に、自分が学んで成功をつかむための道筋を考えることです。

事実 → 解釈 → 行動 という3段があるという話でした。 この場合、アクションは、傘に相当します。傘の部分だけを抜き出して羅列したのが、アクションだけのメモと言われるものです。傘の部分だけを本から抜き取ってまとめても、その背景にある雲・雨の部分が理解できていないと意味がありません。

は「現時点での結論」を出すことを非常に大切にします。得られた情報が少なくても、それを元に、現時点でどういうことが言えるのか、自分なりの結論(仮説)をつくっていくのです。 そして、その仮説をもとに、新しく得られた情報によってさらに修正して、より精緻なものにしていきます。

読書を一定の時間でとめて、意識的に考える時間をつくる。そしてまた読む。このサイクルを自分の読書感覚として取り入れると、考えるクセがついてきます。 考えるクセが定着してくると、思考能力がアップし、読書から得られるものが大きくなってきます。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク